CHIAKI式冠婚葬祭のマナー

ごく親しい方と家族・親族だけで行う葬儀「家族葬」について解説します

家族と友人に見送られる小さくてもあたたかな家族葬

就活やエンディングノートに現れる終わりの意識の変化

最近では終活、エンディングノート作りなどと、早くから最期の時を考える人も増えてきました。
そんな中近年、ポピュラーな葬儀の1つとして家族葬があります。
近親者のみで行う葬儀で、密葬と似ていますが、ごく身近な友人、知人も参列して、そのほとんどが火葬場まで一緒に行きます。
密葬はほぼ遺族のみでお別れをして火葬、後日、本葬式を行いますが、家族葬は通夜、告別式を少人数で行い、本葬式は行いません。
よって、儀礼的な弔問は受けません。核

家族葬は核家族を前提にしたあたたかな葬儀

家族葬とは、核家族も増えている中、小さな家族中心でのお葬式という事から、1990年代に葬儀社があたたかい響きを持たせて作った言葉です。
大きな特徴として、一般の会葬者への心遣いが必要ありませんので、故人との最期のお別れをじっくりと確保できます。
一般的な葬儀では挨拶など、不慣れなことが多くあり、心身の負担も大きくなりがちです。
そんな心身の負担や気苦労を軽減し、時間に追われる事なく故人とのお別れにじっくり向き合えます。
故人が高齢で友人知人が少ない場合や、義理や付き合いを避けて少人数で行えるので、家族や家族のように付き合いのあった人を中心にあたたかい会が行えるでしょう。

費用負担が少ないために一般にも広がってきました

また、少人数で行えることから予算をあまりかけずに行えます。
収用人数が少ない為、大きな斎場が必要ありませんので、会場費がさほどかかりません。
その他の項目についても明確な予算が出しやすい事から、追加料金が発生しにくくなります。
一般的な葬儀の約半分から三分の一程度でしょう。
日本では無宗教の人がほとんどです。あまり宗教色を出さずに葬儀を行いたいと考える人もいます。
家族葬では宗教に関係なく執り行えるので、音楽葬やホテル葬、故人が生前好きだったものを中心に葬儀を作ることができます。
家族、親しい友人たちとじっくり時間のとれる最期のお別れとして家族葬に人気が増えています。

基礎知識記事一覧