CHIAKI式冠婚葬祭のマナー

ごく親しい方と家族・親族だけで行う葬儀「家族葬」について解説します

これからは家族葬のようにコンパクトな冠婚葬祭が主流になるかもしれない

家族葬でおくられる人が増えてきました

昔は聞きなれなかった家族葬という葬儀のカタチ、最近ではこれが主流になりつつあるようだ。
日本は昔から葬儀やら結婚式やら式の類をやたらと派手にやりたがる傾向にあったけれど私はそんなものにあまりお金をかけたくないと考えるタイプで結婚式も挙げなかった。
立派な式をやっても死んでしまった人には伝わらないし大勢の人たちの前で永遠の愛を誓って結局離婚してしまった人たちもたくさんいるだろうし、イマイチ意味がわからないのである。

背景にあるのは冠婚葬祭イベントに対する日本人の意識の変化

自分の葬儀はまだまだ先の予定だけど、そういう時がきたら身内等ほんとうに親しい人だけが見送ってくれればそれでいいと思う。
私のような考え方には異論を唱える親戚もいるかもしれない。
しかし式をしてもらう本人の意向が一番優先されるべきだと思うので身内とは事前にそういう話もしておきたい。
縁起が悪いと思われそうだけど生前にお墓を購入する人も最近は多いと聞くし、いつ何が起こるかなんて誰にもわからないことだから…。

費用の面でも家族葬は魅力的に感じる。

家族葬は無駄なものが無いので安く済むことだろう。
しかしその分香典による収入も無いだろうから普通に町屋斎場の葬儀をするのとどれくらいの差が出るのかは一度見積もり等で比較してみようかと思う。
費用以外の面でも慌ただしさやわずらわしさが無く故人をじっくりと偲べる家族葬はやはり自分に一番合うように感じるので。
いろいろ考えてみたけれど、そういえば自分の葬儀の前に高齢の両親がいることを忘れていた。
両親はどちらかというと行き当たりばったりで自分たちの葬儀の準備なんて何も考えていないような人たちだ。
遠方なのでなかなか会う機会が無いけれど今度時間をつくって家族葬について話をしてみたいと思う。

基礎知識記事一覧