CHIAKI式冠婚葬祭のマナー

ごく親しい方と家族・親族だけで行う葬儀「家族葬」について解説します

家族葬をメリットとデメリットで考えてみる

近年、都市部を中心に家族葬を望まれる方が増えてきています。

「家族葬」という名称ですが、実際は家族のみで執り行うわけでなく、少人数で行う葬儀といったものです。
希望する理由は色々考えられますが、主な理由は下記のようなものと思われます。

家族葬でおくられる理由

  1. ・葬儀の費用を抑えたい場合。
  2. ・身内のみで静かに葬儀を行いたい場合。
  3. ・故人の希望。
  4. ・参列者が少ないと予想される場合。

では、家族葬にはどんなメリット、デメリットがあるのか挙げてみましょう。

家族葬の【メリット】

・費用が抑えられる。

葬儀にかかる費用は、お布施、火葬費用、飲食費、返礼品、葬儀社への支払いなどがありますが、少人数で行うため、飲食費や返礼品の費用を抑えることができます。また、家族葬では祭壇の装飾をシンプルなものにするケースが多いので、葬儀社への支払いも抑えられます。

・落ち着いた葬儀が行える。

参列者は親しい人のみなので、参列者の応対に追われるようなことが無く、落ち着いて葬儀に臨むことができます。

家族葬の【デメリット】

・葬儀費用が高くつくことも

参列者が少ない分、香典も少なくなります。
通常の葬儀より高くなるということはないと思われますが、予想よりも高くつくことがあります。

・葬儀後の弔問

故人の関係者で葬儀には参列しなかった方々が後日弔問されるかもしれません。返礼品やおもてなしの用意をしておく必要があるでしょう。
また、葬儀に参列できなかったことに対して不満を言われる方もいるかもしれません。
個人の関係者には、葬儀を家族葬で執り行う旨を連絡しておいた方が良いでしょう。

・予想していない弔問客がくることも

身内以外の方が葬儀会場に来る可能性もあります。その場合は、弔問客への応対が必要となります。

基礎知識記事一覧