CHIAKI式冠婚葬祭のマナー

ごく親しい方と家族・親族だけで行う葬儀「家族葬」について解説します

気持ちよく故人をおくるためにも悪徳業者に気をつけて

失敗しないための家族葬の知識

最近の葬儀では、故人の意思で自分の死後の葬儀に無駄なお金を使わず、残された家族の生活を考え、費用をかけずに送ってほしいとか、自分の死をあまり多くの人に知られたくないなど、小さな葬儀「家族葬」を選択する人が増えています。
しかし故人の望む送り方を希望したにも関わらず、高額な費用を提示され困惑するケースは少なく有りません。

古来葬儀社に支払う費用は限りなく不透明です。

人生の最後を締めくくる儀式ではあるけれど、自分の死後家族に迷惑を掛けたくないという想いは、故人の家族に対する愛情の一つの形だと考えますが、それを利用してお金儲けを企む業者はけして少なく有りません。
家族葬をリーズナブルにだなどと、大きな広告を出している業者の中には、家族葬であっても、リーズナブルとは程遠い金額を請求しているのが現実です。
近年故人の遺志を尊重して親族だけのお別れを望む人が増えていますが、費用がかからないはずの家族葬で、かえって費用がかさむ理由は、葬儀に対する圧倒的な知識不足にあるようです。
葬儀費用は不明瞭な部分が多く、追加料金が加算されることも多いもので、葬儀を仕切る業者の言い分を鵜呑みにしていては、後で大変になることを考えておかなければなりません。

香典が入ってこないのでコスト感覚はしっかりと

通常の葬儀では香典で、ある程度の費用をまかなえますが、家族葬では多くの香典は望めません。
うっかりしていると、通常以上の葬儀費用負担を強いられますから、葬儀業者に対する苦情はあとを絶ちません。大抵の場合、故人の死で判断力が鈍っている状態ですから、用意も知識も無ければ、当然業者の言いなりで葬儀を行うことが多いものです。
愛する家族の急な死でバタバタしないためにも、故人の遺志を尊重するためにも、あとで後悔しないためにも、そして何より故人の望む家族の生活の為にも、葬儀に関する知識は必要なのです。

おくる人もおくられる人も気持ちよく葬祭ができるように気をつけましょう

葬儀は、たとえ小さくても故人を見送るだけでなく、残された家族が死を受け入れるための大切な儀式なのですから、事前にきちんと確認しておくことが大切です。
もちろん葬儀代をケチるという意味では有りません。
費用内容が明朗で納得した葬儀を行えるかどうかをよく考えましょう。
後のトラブルが無いよう、事前に葬儀の知識を蓄え、準備をしておくのが、故人の意思を継ぐためにも大切です。

基礎知識記事一覧